カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

“幸せの4つのおまじない”

結婚式で花嫁が身につけると幸せになれるという四つのもの 

Something Old 〜何かひとつ古いもの〜

 【祖先・伝統をあらわす】 

これから始まる生活の豊かさを願って祖先から伝えられたものを受け継ぐという意味です。祖母や母からの宝飾品が多いようです。

Something New 〜何かひとつ新しいもの〜

 【新しい生活をあらわす】 

幸せな毎日を過ごせますようにという願いを込め、新しいものをおろします。一般的には白いものを用意します。ハンカチーフ・手袋・ベールなどが多いようです。

Something Borrowed 〜何かひとつ借りたもの〜 

 【友人や隣人との縁をあらわす】 

幸せな生活を送っている友人などから、その幸運を分けてもらうという意味です。周囲の方々から愛されるというおまじないでもあるようです。結婚式で使用したベール・手袋・ハンカチーフなどを借りている方が多いようです。

Something Blue 〜何かひとつ青いもの〜

  【純潔をあらわす】 

聖母マリアのシンボルカラーでもある青は幸せを呼ぶ色と言われており忠実・信頼を象徴する色でもあります。サムシングブルーは目立たないところに着けることが良いとされており、白いガーターに青いリボン飾りを付けたものを用意するのが一般的です。

 ガータートス

《結婚式の二次会などで行われている余興です》

ブーケトスの男性版で花嫁の左足のガーターを花婿が外し、男性ゲスト目掛けて後ろ向きに投げます。ガーターをキャッチした男性が次に幸せをつかむと言われています。

とても盛り上がるようですよ ♪

ちなみに右足のガーターはあかちゃんが生まれたらヘアバンドとして使用すると幸福になれると言われています。